ワイン試験の基礎問題集

練習問題を作ってみた

Les vins de Bourgogne, Atlas de la France Vinicole : Louis Larmat

Les vins de Bourgogne, Atlas de la France Vinicole

1952年発行、240 mm × 315 mm(オリジナル版はサイズも大きい?)

ラルマの地図として知られる本で、1995年か1996年に Jan Longone Wine and Food Library から95ドルで購入したものですが、オリジナルは羊皮紙に印刷されているようなので、これは軽装版ということになるのでしょうか。ブルゴーニュ各地区の AOC の説明に加え、各地区の詳細な地図が載っています。

特にコート・ド・ニュイとコート・ド・ボーヌの地図は 878 mm × 315 mm の大きさで、ボーヌ農業委員会(Comité d'agriculture de Beaune)による1860年のぶどう畑の格付けで色分けされています。

map : Côtes de Nuits, Côtes de Beaune

1860年のぶどう畑の格付けは3段階で、地図では3色に色分されてるのですが、現在のぶどう畑の評価とは微妙にずれています。

map : Lieux-dits classés par ordre de mérite par le Comité d'Agriculture de Beaune, en 1860

AOC Corton-Charlemagne〈コルトン゠シャルルマーニュ〉を構成する Lieu-dit〈リュー゠ディ〉である Le Corton や Le Charlemagne の評価が低いのは黒ぶどうの畑として格付けされているからなのでしょうか?

map : Lieu-dit (Le Corton, Le Charlemagne)

ボージョレもクリュ・デュ・ボージョレを中心に詳しく描かれています。

map : Beaujolais

map : Côte Chalonnaise, Mâconnais

AOC Data

map : Chablis

カテゴリー : / 投稿日 :

Comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

注 : スパム対策として日本語が含まれない投稿を無視しています。

«»
ホームページに戻る