ワイン試験の基礎問題集

練習問題を作ってみた

イタリア file 1

Q. 341

イタリア全州で認可品種となっているぶどう品種は?

  1. Chardonnay〈シャルドネ〉
  2. Cabernet Sauvignon〈カベルネ・ソーヴィニヨン〉
  3. Merlot〈メルロ〉
  4. Barbera〈バルベーラ〉

正解は「Merlot」です。

イタリアでは州や県ごとに栽培できるぶどう品種が細かく規定されています。

ここでは認可(Autorizzata)と言う言葉を使っていますが、仕様書などでは栽培に適した(Idonea alla coltivazione)と書かれていることが多いと思います。

州によっては認可品種の中で推奨(Raccomandata)品種を区別していることもあります。Raccomandata の代わりに Consigliata という表現が使われることもあります。

参考ページ : MERLOT N. / Registro Nazionale delle Varietà di Vite

Q. 342

イタリアで最も栽培面積の大きい白ぶどう品種は?

  1. Trebbiano Toscano〈トレッビアーノ・トスカーノ〉
  2. Catarratto Bianco Comune〈カタラット・ビアンコ・コムーネ〉
  3. Pinot Grigio〈ピノ・グリージョ〉
  4. Glera〈グレラ〉

正解は「Glera」です。

2015年のデータでの上位5品種は Glera, Pinot Grigio, Catarratto Bianco Comune, Trebbiano Toscano, Chardonnay になります。

Q. 343

イタリアの20州で最もぶどう栽培面積が小さいのは?

  1. バジリカータ(Basilicata)州
  2. トレンティーノ゠アルト・アディジェ(Trentino-Alto Adige)州
  3. ヴァッレ・ダオスタ(Valle d'Aosta)州
  4. リグーリア(Liguria)州

正解は「ヴァッレ・ダオスタ州」です。

2015年のデータではヴァッレ・ダオスタ州、リグーリア州、バジリカータ州がぶどう栽培面積が小さい上位の3州です。

参考ページ : Superficie (ettari) e produzione (quintali): uva da tavola, uva da vino, vino. Dettaglio per Provincia - Anno 2015

Q. 344

ティレニア海に面している州は?

  1. エミリア゠ロマーニャ(Emilia-Romagna)州
  2. アブルッツォ(Abruzzo)州
  3. マルケ(Marche)州
  4. ラツィオ(Lazio)州

正解は「ラツィオ州」です。

ティレニア海はイタリア半島の西側に広がっています。

イタリア本土でティレニア海に面しているのは北からトスカーナ州、ラツィオ州、カンパニア州、バジリカータ州、カラブリア州になります。

Q. 345

DOC Valle d'Aosta〈ヴァッレ・ダオスタ〉でぶどう品種名を表示できる品種の数は?

  1. 6
  2. 10
  3. 15
  4. 19

正解は「19」です。

ヴァッレ・ダオスタ州では38品種が認可されていますが、Fumin〈フミン〉や Petit rouge〈プティ・ルージュ〉など19品種は 85 % 以上使用していれば品種名を表示できます。

Q. 346

ヴァッレ・ダオスタ州のみで認可されているぶどう品種は?

  1. Prié Rouge〈プリエ・ルージュ〉
  2. Nebbiolo〈ネッビオーロ〉
  3. Cannonau〈カンノナウ〉
  4. Canaiolo Nero〈カナイオーロ・ネーロ〉

正解は「Prié Rouge」です。

Prié Rouge は果皮の色が Rosa〈ローザ〉に分類される品種で、DOC Valle d'Aosta の品種名表示では Prëmetta と呼ばれています。

ヴァッレ・ダオスタ州で認可されている38品種の内の16品種がヴァッレ・ダオスタ州のみで認可されています。

Bonda, Cornallin, Crovassa, Diolinoir, Fumin, Gamaret, Garanoir, Mayolet, Neyret, Petit Rouge, Petite Arvine, Prié Blanc, Prié Rouge, Roussin, Vien de Nus, Vuillermin

Q. 347

DOC Valle d'Aosta〈ヴァッレ・ダオスタ〉の地理的表示 Donnas〈ドンナス〉の主要ぶどう品種は?

  1. Cornallin〈コルナリン〉
  2. Vien de Nus〈ヴィアン・ド・ニュス〉
  3. Petit rouge〈プティ・ルージュ〉
  4. Nebbiolo〈ネッビオーロ〉

正解は「Nebbiolo」です。

Donnas は Nebbiolo を 85 % 以上使って造られる赤ワインで24ヶ月以上の熟成が求められています。

Q. 348

DOC Valle d'Aosta の地理的表示が認められた地区でドーラ・バルテア(Dora Baltea)川の最も上流に位置するのは?

  1. Blanc de Morgex et de La Salle〈ブラン・ド・モルジェ・エ・ド・ラ・サル〉
  2. Chambave〈シャンバーヴ〉
  3. Torrette〈トッレッテ〉
  4. Donnas〈ドンナス〉

正解は「Blanc de Morgex et de La Salle」です。

Blanc de Morgex et de La Salle では白ぶどう品種の Prié blanc〈プリエ・ブラン〉を使った白ワインと発泡性白ワインが造られます。

ドーラ・バルテア川の上流側から Blanc de Morgex et de La Salle, Enfer d’Arvier, Torrette, Nus, Chambave, Arnad-Montjovet, Donnas の7地区が並んでいます。

Q. 349

DOC Valle d'Aosta の地理的表示が認められた地区 Donnas の東隣りに位置するピエモンテ(Piemonte)州のワイン産地は?

  1. Barbaresco〈バルバレスコ〉
  2. Carema〈カレーマ〉
  3. Gattinara〈ガッティナーラ〉
  4. Ghemme〈ゲンメ〉

正解は「Carema」です。

DOC Carema はドーラ・バルテア川左岸に位置するワイン産地で Nebbiolo 主体の赤ワインのみが造られています。

Q. 350

DOC Valle d'Aosta〈ヴァッレ・ダオスタ〉の地理的表示が認められた地区 Nus Malvoisie〈ニュス・マルヴォアジ〉の主要ぶどう品種は?

  1. Gamaret〈ガマレ〉
  2. Garanoir〈ガラノワール〉
  3. Pinot Grigio〈ピノ・グリージョ〉
  4. Vien de Nus〈ヴィアン・ド・ニュス〉

正解は「Pinot Grigio」です。

地理的表示 Nus〈ニュス〉として造られるのは黒ぶどう品種の Vien de Nus〈ヴィアン・ド・ニュス〉主体の赤ワインですが、Nus Malvoisie は Pinot Grigio 100 % で造られる白ワインです。

干しぶどう状になった糖度の高いぶどうから造られる甘口ワインの Nus Malvoisie passito〈ニュス・マルヴォアジ・パッシート〉、Nus Malvoisie flétri〈ニュス・マルヴォアジ・フレトリ〉もあります。(flétri は passito に該当するフランス語です。)

Q. 351

ピエモンテ州で DOP として認められたワイン産地のワインが占める比率は?

  1. 47 %
  2. 57 %
  3. 67 %
  4. 87 %

正解は「87 %」です。

2012-2016年の平均では約 87 % が DOP ワインで占められています。

DOP として認められたワイン産地が最も多い州がピエモンテです。

Q. 352

DOCG として認められているワイン産地は?

  1. Grignolino d'Asti〈グリニョリーノ・ダスティ〉
  2. Dolcetto d'Asti〈ドルチェット・ダスティ〉
  3. Cisterna d'Asti〈チステルナ・ダスティ〉
  4. Barbera d'Asti〈バルベーラ・ダスティ〉

正解は「Barbera d'Asti」です。

DOC Grignolino d'Asti, DOC Dolcetto d'Asti, DOCG Barbera d'Asti はぶどう品種の名前が前に付いた産地名ですが、DOC Cisterna d'Asti はコムーネの名称(Cisterna d'Asti)が産地名になっています。

Q. 353

DOC Cisterna d'Asti〈チステルナ・ダスティ〉の主要ぶどう品種は?

  1. Bonarda〈ボナルダ〉
  2. Croatina〈クロアティーナ〉
  3. Barbera〈バルベーラ〉
  4. Nebbiolo〈ネッビオーロ〉

正解は「Croatina」です。

DOC Cisterna d'Asti では Croatina 主体(80 % 以上)の赤ワインのみが造られます。

Q. 354

赤ワインと白ワインの製造が認められているワイン産地は?

  1. Ghemme〈ゲンメ〉
  2. Roero〈ロエロ〉
  3. Dogliani〈ドリアーニ〉
  4. Alta Langa〈アルタ・ランガ〉

正解は「Roero」です。

DOCG Roero の赤ワインは Nebbiolo〈ネッビオーロ〉で、白ワインは Arneis〈アルネイス〉で造られます。

また、DOCG Roero では Arneis を使った Spumante〈スプマンテ〉も造られます。

Q. 355

Moscato Bianco〈モスカート・ビアンコ〉を使った白ワインと発泡性白ワインが造られるワイン産地は?

  1. Gavi〈ガーヴィ〉
  2. Moscato di Scanzo〈モスカート・ディ・スカンツォ〉
  3. Moscato di Trani〈モスカート・ディ・トラーニ〉
  4. Asti〈アスティ〉

正解は「Asti」です。

DOCG Asti で造られる白ワインは Moscato d'Asti〈モスカート・ダスティ〉、発泡性白ワインは Asti〈アスティ〉か Asti Spumante〈アスティ・スプマンテ〉の名称で販売されます。

Moscato d'Asti は弱い発泡性をおびています。

Q. 356

DOCG Asti で造られる Moscato d'Asti のアルコール度数は?

  1. 4.5-6.5 % vol
  2. 5.5-7.5 % vol
  3. 7.5-9.5 % vol
  4. 9.0-11.0 % vol

正解は「4.5-6.5 % vol」です。

Moscato d'Asti 用のぶどうに求められる潜在アルコール度数は 10 % vol 以上なので、ワインには少なくとも 3.5 % vol に相当する糖分(おおよそ 60 g/l)が含まれることになります。

ワインには 4.5 % vol 以上のアルコール度数があることが EU では求められます。

Q. 357

DOCG Brachetto d'Acqui〈ブラケット・ダックイ〉で造られる発泡性赤ワインのタイプは?

  1. Vino spumante〈ヴィーノ・スプマンテ〉
  2. Vino spumante di qualità〈ヴィーノ・スプマンテ・ディ・クアリタ〉
  3. Vino spumante di qualità del tipo aromatico〈ヴィーノ・スプマンテ・ディ・クアリタ・デル・ティーポ・アロマティコ〉
  4. Vino spumante gassificato〈ヴィーノ・スプマンテ・ガシフィカート〉

正解は「Vino spumante di qualità del tipo aromatico」です。

DOCG Brachetto d'Acqui の発泡性ワインも DOCG Asit で造られる発泡性ワインと同じくぶどうの糖分のみで発泡性を持たせるタイプです。

参考ページ : ワインの種類

Q. 358

DOCG Dogliani〈ドリアーニ〉の主要ぶどう品種は?

  1. Barbera〈バルベーラ〉
  2. Freisa〈フレイザ〉
  3. Nebbiolo〈ネッビオーロ〉
  4. Dolcetto〈ドルチェット〉

正解は「Dolcetto」です。

DOCG Dogliani では Dolcetto 100 % の赤ワインのみが造られています。

DOCG Dogliani は DOCG Dolcetto di Dogliani Superiore〈ドルチェット・ディ・ドリアーニ・スペリオーレ〉とも呼ばれていましたが2011年に「Dolcetto di Dogliani Superiore」の名称は廃止されています。

Q. 359

仲間はずれは?

  1. Cannonau〈カンノナウ〉
  2. Tocai rosso〈トカイ・ロッソ〉
  3. Alicante〈アリカンテ〉
  4. Calabrese〈カラブレーゼ〉

正解は「Calabrese」です。

Cannonau, Tocai rosso, Alicante はスペインで Garnacha tinta〈ガルナチャ・ティンタ〉と呼ばれる黒ぶどう品種のイタリアでの登録名です。

Q. 360

「保護された原産地名称」のイタリア語表記の頭字語は?

  1. AOP
  2. DOC
  3. DOP
  4. PDO

正解は「DOP」です。

「保護された原産地名称」のイタリア語表記は Denominazione d'Origine Protetta〈デノミナツィオーネ・ドリージネ・プロテッタ〉

参考ページ : 「保護された原産地名称」と「保護された地理的表示」

カテゴリー : 練習問題 イタリア / 投稿日 :

Comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

注 : スパム対策として日本語が含まれない投稿を無視しています。

«»
ホームページに戻る